【茶道百字事典】灰形

芳香園
茶道に関する用語の説明を百文字程度にまとめて紹介しています。
 
【灰形】はいがた

風炉の中に、灰を種々の形に作り上げることをいう。

火気を盛んにする目的と、風炉中に景色を添える装飾の目的がある。

流儀により一文字(二文字)、丸灰、遠山灰など様々な形があり、風炉の種類によってそれぞれの灰形が定められている。


 まぐまぐ!【ぶろぐ『茶道百字事典』】登録日平成27年5月22日
 
   『茶道百字事典』 過去の記事はこちらからどうぞ。


芳香園 公式サイト / 芳香園 楽天市場店 / 芳香園 Amazon店

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA