【茶道百字事典】瑞穂流

芳香園
茶道に関する用語の説明を百文字程度にまとめて紹介しています。
 
【瑞穂流】みずほりゅう

茶道流派の一つ。

紀州日高の城主 玉置権頭に始まるという。

この16世(中興2世)玉置一成の著に『茶道要鑑』がある。

安政2年(*1)和歌山の大火にあい、すべてを失ったといわれる。

一子相伝、ほかに教授もしないので埋もれたに近い。


*1 1855

 まぐまぐ!【ぶろぐ『茶道百字事典』】登録日平成29年6月30日
 
   『茶道百字事典』 過去の記事はこちらからどうぞ。


芳香園 公式サイト / 芳香園 楽天市場店 / 芳香園 Amazon店

 


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA