【茶道百字事典】如意庵

芳香園
茶道に関する用語の説明を百文字程度にまとめて紹介しています。
  
【如意庵】にょいあん

臨済宗大徳寺派の塔頭(*1)。

山内の北方に所在する。

至徳年間(*2)頃に大徳寺七世言外宗忠が退去庵として開創。

没後に言外の塔所となった。

当初は現在の本坊庫裏(*3)の位置にあったが、その後、寺地を転々と移し、廃絶。

近年、現在地に再興された。

 まぐまぐ!【ぶろぐ『茶道百字事典』】登録日令和2年2月7日

    『茶道百字事典』 過去の記事はこちらからどうぞ。

芳香園 公式サイト / 芳香園 楽天市場店 / 芳香園 Amazon店



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA